GETTY

Photo: GETTY

ビッグ・スターの名作『サード』が、未発表のデモと共に再発される見込みだという。

1978年発表の『サード』だが、デラックス・エディションにはオリジナル・デモ、ラフ・ミックス、ヴォーカルの別テイク、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの“After Hours”のカヴァーなど、69曲が収録される。

全体として今回の再発はアルバムの制作について深い洞察を与えるものになるという。

アルバム『サード』はバンドの崩壊とシンガーのアレックス・チルトンの衰えていく精神的状況のなか、1974年に混沌とした環境下でレコーディングされた作品となっている。リリースされた時には既にビッグ・スターは解散していた。

今回の再発と合わせてバンドの全キャリアを記録した写真集も発売される。写真集には未発表写真のほか、フォトグラファーとドラマーのジョディ・スティーヴンスのインタヴューが掲載される。

『サード』のデラックス・エディションと写真は共に10月14日にリリースされる。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ