GETTY

Photo: GETTY

アデルが自身のパフォーマンスの最中に、病気でコンサートに来られなかったファンにテレビ電話をかけるサプライズを行っている。

アデルは、ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われたライヴで2人の観客をステージにあげている。

そのうちの1人がアデルに、ガールフレンドが病気でライヴに来られなかったことを話すと、アデルはその場でステージから彼女に電話をかけようと提案している。

「こんにちは、マリサ。あなたが病気だったとしても、あなたが最前列に来て私を病気にしないでいてくれて本当に嬉しいわって話していたところよ」と、アデルはテレビ電話で冗談を言っている。「家にいてくれて本当にありがとう」

ライヴに訪れていたファンのニコレッタ・ヴァン・デル・ローが、その様子を動画で撮影し自身のフェイスブックに投稿している。

最近アデルは、ロサンゼルスで行われた公演中に、来年のスーパーボウルのハーフタイム・ショウへの出演依頼を断ったとことを明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ