tumblr_o0nr3idKFo1qauzhko1_1280

スウェードの1996年発表のアルバム『カミング・アップ』が、リリースから20周年を記念して5枚組のデラックス・エディションでリリースされる。

9月30日にリリースされる新たなエディションにはBサイド曲や未公開のデモ、アムステルダムでの全15曲のライヴ音源が収録されるという。

5枚目となるディスクはDVDで、「トップ・オブ・ザ・ポップス」での5曲のパフォーマンスのほか、『ジュールズ倶楽部』での3曲のパフォーマンス、マーキュリー・プライズの授賞式での“By The Sea”のパフォーマンス、バンドとプロデューサーのエド・ビュラーの1時間に及ぶインタヴューが収録されるという。

『カミング・アップ』は、1994年発表の『ドッグ・マン・スター』リリース直前にバーナード・バトラーが脱退したのを受けて、リチャード・オークスをギタリストに迎えた初のアルバムとなっている。

60ポンド(約8000円)のボックスセットは750セットのシリアル・ナンバーがふられており、アマゾンだけで購入することができる。『ドッグ・マン・スター』期のBサイドとしてリリースされたリチャード・オークスとレコーディングしrた最初の3曲、“Together”、“Asda Town”、“Bentswood Boys”を収録した10インチが付いてくるという。

『カミング・アップ』は“Trash”、“Lazy”、“Beautiful Ones”、“Saturday Night”といったシングルが収録されている。

スウェードは今年1月に壮大なニュー・アルバム『夜の瞑想』をリリースしており、サマーソニックで来日することが決定している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ