GETTY

Photo: GETTY

ジョン・ライドンは、8月14日にチリのサンティアゴで開催されたパブリック・イメージ・リミテッドのライヴで、観客が投げたガラス製のボトルが頭にあたり負傷している。

パブリック・イメージ・リミテッドのフロントマンであるジョン・ライドンは、ボトルで頭を負傷し出血するもライヴを続行しており、シャツにも血がついている。

このハプニングの様子を捉えた映像では、ジョン・ライドンが観客に向かって「なんて卑怯なヤツなんだ」と言っているのが確認でき、ボトルを投げた人物に向けて言ったと思われる。

そして、ジョン・ライドンは出血している頭にタオルを巻き付けて「ライヴを続けるぞ!」と観客に語ったという。

その時の模様はこちらから。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ