PRESS

Photo: PRESS

ザ・コーティナーズが通算5作目となるニュー・アルバムの詳細を発表し、新曲を公開している。

ザ・コーティナーズは2014年発表の『コンクリート・ラヴ』に続く新作『マッピング・ザ・ランデヴー』を10月21日にリリースする。

新曲は現在『インディペンデント』紙のサイトで聴くことができる。

http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/news/the-courteeners-new-album-single-the-17th-mapping-the-rendezvous-liam-fray-reading-leeds-a7185611.html

11曲を収録したアルバムはプロデュースをジョー・クロスが手掛けており、楽曲はパリで書かれ、バス、ネス湖、マンチェスターでレコーディングされたという。

アルバムのリリースに先立って、シンガーのリアム・フレイは次のように語っている。「セカンド・アルバムやサード・アルバムの頃は本当に大変でね。というのも、トップのテーブルにつくことができることを証明しなきゃならなかったからね。嵐のなかにいたような感じで、それを終えて二度目のチャンスをもらったのかもしれないと思ってるんだ。5作目のアルバムまで来られて、ラッキーだと感じてるよ」

新曲“The 17th”への反応については次のように語っている。「多分、これまでで最高のリアクションなんじゃないかな。ちょっと驚きだったんだ。というのも、レコーディングの真っ最中は、みんながどう思うかなんてまったく分からなかったからね」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ