GETTY

Photo: GETTY

ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタム・バドマンクリがアメリカのラジオ局で2曲の新曲をオンエアしている。

「KCRW」の「モーニング・ビカムズ・エクレクティク」に出演したロスタム・バドマンクリは、自身の新曲”Gwan”と、近々リリース予定であるザ・ウォークメンのハミルトン・リーサウザーとのコラボレーション・アルバムからの新曲をオンエアしている。

また、ロスタム・バドマンクリはヴァンパイア・ウィークエンドを脱退した以降のバンドとの関わり方についても明らかにしている。

ロスタム・バトマングリが1月の脱退時にツイッターに投稿した声明では、ヴァンパイア・ウィークエンドの「メンバーではなくなった」とコメントしているが、フロントマンのエズラ・クーニグとは「将来のヴァンパイア・ウィークエンドの曲」や「将来のプロジェクトでのコラボレーションは続ける」だろうと述べていた。

「何をどうするかについて、はっきりした線引きとかはないんだ」と彼は説明している。「僕にとってこのことはつまり、ヴァンパイア・ウィークエンドと作業することもあり得るし、自分自身や他の人とも同様に作業をすることもあり得るってことなんだよ」

「これから先、何が起こるかについては僕からは何も言えないよ。僕としては、やるとしたら、やる必然性を感じたものになるんだろうけどね」

番組の音源はこちらから。

ロスタム・バドマンクリとハミルトン・リーサウザーのコラボレーションアルバム『アイ・ハッド・ア・ドリーム・ザット・ユー・ワー・マイン』は9月23日にリリースされる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ