Instagram

Photo: Instagram

30秒のティーザー映像が公開されていたケイティ・ペリーのニュー・シングル“Rise”のミュージック・ビデオの全編が公開されている。

ビデオはケイティ・ペリーがピンクのパラシュートと格闘するもので、最終的に見事に飛ぶことに成功し、背中を押す歌詞に焦点を当てたものとなっている。楽曲は2013年発表のアルバム『プリズム』以来の新曲となっていて、8月5日より開催されているリオデジャネイロ五輪のNBC放送のテーマ曲となっている。

「この曲は、長年自分のなかにあった曲で、ようやく姿を現すこととなったの。アルバムのためにとっておくのではなく、今完成させようと刺激を受けたの。だって、今はこれまで以上に世界が一つになることが必要だから」と先月のリリース時にケイティ・ペリーは語っている。

「わたしたちの国でも、世界中でも、一緒に恐怖を克服できるということがわたしには分かるの。オリンピックの選手ほど、その素晴らしい例はないと思うわ。彼らは強さをもって、恐怖心を超えてリオに集まるのよ。そして、わたしたちがどうやって一緒になれるかを思い出させてくれるの」と彼女は続けている。

「人々を癒し、団結させ、一緒に克服すべく、この曲がわたしたちにインスピレーションを与えてくれたらと思うわ。NBCのオリンピック放送がリオ五輪の開催前と開催中のアンセムとして、この曲を選んでくれて光栄だわ」

また、ケイティ・ペリーは民主党全国大会に関連したコンサートで、同党の大統領候補であるヒラリー・クリントンを支援すべく、“Rise”と“Roar”のパフォーマンスを行っている。

その時のパフォーマンスはこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ