PRESS

Photo: PRESS

M.I.A.のニュー・シングル“Birds”がディプロとの共作であることが明らかになっている。

M.I.A.とディプロがコラボするのは、2010年に公に仲たがいして以来、初めてのことになる。昨年、M.I.A.は米『ローリング・ストーン』誌のインタヴューの中で、ディプロは彼女の成功に嫉妬していたと非難していた。

ディプロはM.I.A.の大ヒット曲である“Paper Planes”を共にプロデュースしている。2人は2003年に出会い、5年間交際していた。

“Birds”は、通算5作目のスタジオ・アルバムとなる『エイム』の2枚目のシングルとなる。先月、リード・シングルである“Go Off”がリリースされており、その後、M.I.A.は、このアルバムが自身の最後のものになることを認めている。

『エイム』は、9月9日にリリースされる予定となっている。

M.I.A.は先日、MTVが自身の“Borders”のミュージック・ビデオがMTVビデオ・ミュージック・アウォーズにノミネートされなかったことに関して、MTVを批判している。彼女は「これが、『許される』声 vs 排除される声の完全な例ね」とツイートしている。

また、M.I.A.は先日、「ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命の権利)」運動についてのコメントによって、ロンドンでの「アフロパンク・フェスティバル」への出演が取りやめとなっている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ