GETTY

Photo: GETTY

ロサンゼルス警察は、『レモネード』がリリースされた頃、レイチェル・ロイのソーシャル・メディアのアカウントがビヨンセのファンによってハッキングされたという申し立てについて捜査を行っている。

当時、レイチェル・ロイは、不貞について歌った”Sorry”という楽曲の中に出てくる女性ベッキーが彼女のことではないかという噂を否定していた。この楽曲でビヨンセは「He only want me when I’m not on there(彼は私がいない時だけ私を求めるの)/ He better call Becky with the good hair(綺麗な髪を持つベッキーに電話すればいいのに)」と歌っている。

レイチェル・ロイは昔からのジェイ・Zの友人で、アルバム『レモネード』がリリースされた数時間後、ビヨンセの言及に返答するようなセルフィーを投稿し、その後、渦中の人となっている。

既に消されているセルフィーに、彼女はこのようなキャプションをつけていた。「綺麗な髪なんてどうでもいいわ。でも、私たちはいつもセルフィーでも自身の真実でも、素晴らしい光が当たるようにするでしょ。光の中で生きるべきなの」

これを受けて、レイチェル・ロイはインターネット上でビヨンセのファンから嫌がらせの対象となっている。

今回、ゴシップ・サイトの「TMZ」は、彼らが入手した書類によれば、アルバムのリリースの数日後にレイチェル・ロイのGmailとiCloudのアカウントがハッキングされたと彼女が通報したと報じている。さらに、レイチェルは許可なく彼女の携帯電話番号が変更されたとも主張している。彼女はインスタグラムに「綺麗な髪なんてどうでもいいわ」と投稿したことで、ハッキングされたと考えているという。

当時、レイチェルは自身が「ベッキー」ではないかという説を否定する発言をしている。

「推測や噂を気にせずに休みたい。私のインスタグラムの投稿は楽しんでたつもりだったの。でも、それ以上のものだと誤解されちゃった」とレイチェルは話している。

「その曲が私個人のことを歌っているなんて考えが正しいかなんてわからない。噂に真実は存在しないわ」

さらに、レイチェルは「結局、インターネットで嫌がらせをしてきた人たちは、私と娘を物理的な脅威も含むような、傷つけるような恐ろしい方法で標的にしてきたわ。母として、きっと多くの母親たちが賛成してくれると思うけれど、どんな方法でもいじめは有害で受け入れがたいものだと思っているの」と述べている。

「メディアには、この現実、インターネット上でのいじめの問題と、それが誰にとっても我慢ならなくて当然だってことを、この件でしっかりと見てほしいわ」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ