Facebook

Photo: Facebook

オフィシャル・チャート・カンパニーが発表した週半ばの速報によれば、ヴィオラ・ビーチはUKアルバム・チャートの1位に向かっているという。

ウォリントン出身のヴィオラ・ビーチだが、今年2月にストックホルムから約30km離れたセーデルテリエで運河に落ちて、約25メートル落下して、メンバーとマネージャーが亡くなっており、アルバムは亡くなった5ヶ月後にリリースされている。

セルフ・タイトルのアルバム『ヴィオラ・ビーチ』は現時点で合算セールスで6000枚を売り上げており、先週『All Over The World – The Very Best Of Electric Light Orchestra』が1位を獲得したELOをかわしてトップに立っている。

オフィシャル・チャート・カンパニーのマーティン・タルボットはこのチャートの動向について次のように語っている。「2月のあまりに悲劇的な出来事を受けて、今週はみなさんヴィオラ・ビーチのアルバムを支持しているのでしょう。それが結果として表れているのはファンタスティックなことです。きっとみなさん、1位をとってくれることを願っていることでしょう」

その他のトップ5は、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズの『ぬくもり』が3位に、DJキャレドの『メジャー・キー』が4位に、ドレイクの『ヴューズ』が5位にランクインしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ