GETTY

Photo: GETTY

9月22日(木・祝)より全国公開されるアップル公式作品の映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』の新たなトレイラー映像が公開されている。

映画は1962年から1966年までのザ・ビートルズを追ったもので、リバプールのキャバーン・クラブからサンフランシスコのキャンドルスティック・パークまでの映像が盛り込まれているという。作品では独占映像が使用されているほか、ビートルマニア現象について当時の社会的・政治的状況までを検証するものになると発表されている。

今回のトレイラーでは来日時に飛行機から降りてくる際の映像も使われており、ポール・マッカートニーはこの映画のためのインタヴューで次のように語っている。「僕らは子供だったからね。全員すごく怖かったよ」

そして、次のように続けている。「僕らは全員すごくうんざりしてたんだよ。それで、新たに向かうべき場所を探していたんだ」

新たな映画のトレイラー映像はこちらから。

また、このトレイラー映像では映画の世界初公開イベントがウェブで生中継されるほか、劇場では30分の新たにリマスターされたコンサート映像が上映されることが発表されている。

米『ビルボード』誌によれば、コンサート映像は1965年8月15日にニューヨークのシェイ・スタジアムで行われた公演の映像を4Kで修復したものになるという。

先日、ザ・ビートルズはライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』が9月9日に世界同時リリースされることも発表されている。

ザ・ビートルズは1977年5月にライヴ・アルバム『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!(原題:The Beatles at the Hollywood Bowl)』をリリースしているが、本作はそのアルバムの単なるリイシューではなく、コンサートのオリジナル3トラックのテープを直接のソースにして作られたまったく新しいアルバムになるという。

『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』は1964年8月23日と1965年8月29日・30日にロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行われたライブ演奏を収録したもので、ザ・ビートルズがこれまでにリリースした唯一の公式なライヴ・アルバムだが、これまでCDでは公式作品としてリリースされてこなかった。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ