Richard Johnson/NME

Photo: Richard Johnson/NME

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズが、最新ソロ・シングル“Trouble”のミュージック・ビデオを公開している。

“Trouble”は、キース・リチャーズにとって23年ぶりのソロ・アルバムである『クロスアイド・ハート』に収録される。『クロスアイド・ハート』は15曲を収録し、1988年発表の『トーク・イズ・チープ』、1992年発表の『メイン・オフェンダー』に続き、キースにとって3枚目のソロ・アルバムとなる。

同曲のミュージック・ビデオは新たにアップルが始めたストリーミング・サービス、アップル・ミュージックを通して公開された。ミュージック・ビデオはスタジオで同曲を演奏するものとなっている。

“Trouble”のミュージック・ビデオはこちらから。

アルバムは昨年12月に亡くなったザ・ローリング・ストーンズのサックス奏者、ボビー・キーズの演奏もフィーチャーされるという。プレス・リリースにはアルバムは「レゲエ、ロック、カントリー、そして、ブルース」から影響を受けたと記されている。

本作についてキース・リチャーズは以下のように語っている。「もう一度(ドラマーの)スティーヴ・ジョーダンや(ギタリストの)ワディ・ワクテルと一緒にやって、新しいレコードを作るのは楽しかったよ。何ができ上がるのか、まったく見当もつかにままスタジオに入るのは、本当に興奮したんだ」

一方、キース・リチャーズはザ・ローリング・ストーンズの新作を作る準備はできていると語っている。

「(君からレコーディングについての)話が出たのは面白いね」リチャーズは今月初旬のインタビューでこう語っている。「ちょうど先週のリハーサル中にメンバーとの会話の中で“スタジオ”の話が出たんだ。だから俺はこう言ったのさ。『みんなで時間を作ろう。俺はいつでもいいぜ』ってね」

ザ・ローリング・ストーンズのスタジオ・アルバムとしては2005年にリリースされた『ア・ビガー・バン』が最後となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ