GETTY

Photo: GETTY

ジョン・レノンが所有していたクラシック・カーがオークションに出品されるという。

ジョン・レノンが所有していた1956年製オースティン・プリンセスが、この度開催される世界最大のオークション・ハウス「RMサザビー」の投資用自動車オークションで出品される。

ジョン・レノンはこの車を1971年8月に購入し、翌年アルバム『イマジン』のプロモーション・フィルムで妻のオノ・ヨーコと一緒に乗っている。

車の座席は5席の旅客機のシートに差し替えられており、それは今もそのままだという。

落札者はどちらもジョン・レノンのサインが入ったオリジナルの購入契約書、権利証書を手にすることになるという。

このヴィンテージ・カーは、以前の所有者であるミルトン・ヴェレットが2008年にテキサス州オースティンにあるロックンロール・カー・ミュージアムに寄付しており、今回チャリティのための寄付を募るため出品されている。

RMサザビーによるオークションはロンドンのバタシー・エヴォリューションで9月7日に開催されると『アイリッシュ・エグザミナー』は報じている。

RMサザビーでは落札額を最低で19万ポンド(約2700万円)、最高で25万ポンド(約3400万円)あたりと試算している。

先月、ジョン・レノンは血の染み付いたシャツが、オークションで当初7000ポンド(約95万円)の価格が見込まれていたのに対し、遥かに上回る31000ポンド(約420万円)で落札されている。

この白いシャツはニューヨークのダコタ・ハウスでコンシェルジュとして働いていたジェイ・ハスティングスが所有していたもので、勤務の際に着ていたものだという。

ジェイ・ハスティングスは1980年12月8日も勤務にあたっており、この日、ジョン・レノンは妻のオノ・ヨーコと家に帰ろうとした際、ダコタ・ハウスのポーチでマーク・チャップマンに撃たれている。ジェイ・ハスティングスは、ジョン・レノンをジャケットで覆い、シャツの胸と袖にジョン・レノンの血が付くことになったという。

『デイリー・ミラー』紙によれば、ジェイ・ハスティングスはこのシャツを保管しようと決めていたとのことで、最近オークションに出品することにし、7000ポンド(約95万円)の価格が見込まれていた。ヘリテージ・オークションズのギャリー・シュラムは次のように語っている。「ジェイ・ハスティングスはこれまでの長年シャツを保管し、まったくそれについて喋ることはありませんでした。シャツは長年タンスにしまわれ、今回、彼も歳を重ねたことから売却する時が来たと感じたのです」

「シャツには血が残っています。ゾッとする方もいるかもしれません。しかし、これは歴史的物品なのです。これを販売することはあまりに薄暗いこと、ないしは間違ってるのではないかと、我々も自分自身に問いかけました。でも、そうは思えませんでした。彼はジョン・レノンの死から搾取しようとしているのではありません。ジョン・レノンの人生の最後の瞬間に彼を助けようとした物語を語っているのです」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ