Dean Chalkley/NME

Photo: Dean Chalkley/NME

現地時間7月21日の夜、リアム・ギャラガーは謎のツイートで音楽への復帰について改めて告知している。7月22日の朝、ファンはこの告知に反応を示している。

リアム・ギャラガーは2014年にビーディ・アイが解散して以降、一切の音楽をリリースしていない。

しかし、今回リアム・ギャラガーは新たな楽曲がリリースされることを示唆し、「王冠」を取り戻すと宣言している。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「音楽家もどきとプラスチックなロックンローラー達よ、恐れるがいい、そして、その抱きしめてる紙の王冠を寄越しやがれ。なぜなら俺のお出ましだからだ」

この告知の後、ほとんどのファンは喜びに沸いている。ファンの1人は、「お帰りなさい! 長い間待っていたわ」とつぶやき、別のファンは「ロックンロールが帰ってきた」とつぶやいている。

しかし、より慎重なファンもいる。ツイッター・ユーザーの1人は「リアム、君は前にも一度、ビーディ・アイとして返り咲こうとしたが、それが結局どうなったか、みんな知っているよ」とつぶやいている。他のファンも同様の考えを示し、「人をからかわないでくれ。それが本当で、僕らを怒らせないことを願っているよ。ビーディ・アイ以上じゃないとダメだ。死ぬ気で頑張ってくれ」とつぶやいている。

リアムのツイートに対する反応はこちらから。

お帰りなさい! 長い間待っていたわ

やってくれ!!

https://twitter.com/GINGERWILDCAT/status/756252837777121280

リアム、君は前にも一度、ビーディ・アイとして返り咲こうとしたが、それが結局どうなったか、みんな知っているよ

やった

お帰り、ボス。強気だね?

ロックンロールが帰ってきた

いいぞ、リアム!

やったぜ

早く音楽を始めてくれ、でなけりゃ希望を失いそうだ

素晴らしいニュースだ、リアム

人をからかわないでくれ。それが本当で、僕らを怒らせないことを願っているよ。ビーディ・アイ以上じゃないとダメだ。死ぬ気で頑張ってくれ。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ