facebook.com/davidbowie

Photo: facebook.com/davidbowie

デヴィッド・ボウイは1974年から1976年の作品を収録したボックスセットがリリースされることが明らかになっている。

昨年、デヴィッド・ボウイはCD12枚組のボックスセット『ファイヴ・イヤーズ 1969-1973』がリリースされているが、そのシリーズの続編として『フー・キャン・アイ・ビー・ナウ? 1974-1976』がパーロフォンからリリースされることが発表されている。

リリース日については明らかにされていないが、このボックスセットには最終的に『ヤング・アメリカンズ』になったデヴィッド・ボウイが計画していたアルバム『ザ・ガウスター』が収録されるという。ボックスセットにはデヴィッド・ボウイの長年のコラボレーターであるプロデューサーのトニー・ヴィスコンティによるライナーノーツも付属する。

ライナーノーツのなかで、「グースター」とは「60年代のシカゴでアフリカン・アメリカンが来ていたドレスコード」を意味する説明しており、こう続けている。「アルバムの背景として、アティテュード、誇りやヒップさに対するアティテュードというのがあったんだ」

二人は「キラーなソウル・アルバムを作りたかった」とのことで、『ザ・グースター』は「40分の輝かしいファンク・アルバム」だったという。アルバムのジャケットには、『ヤング・アメリカンズ』のフォトセッションから未発表の写真が使用されている。

『ザ・グースター』のトラックリストは以下の通り。

Side 1
1. John, I’m Only Dancing (Again)
2. Somebody Up There Likes Me
3. It’s Gonna Be Me

Side 2
1. Who Can I Be Now?
2. Can You Hear Me
3. Young Americans
4. Right

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ