JENN FIVE /NME

Photo: JENN FIVE /NME

ザ・リバティーンズは7月21日の早朝、北ロンドンにあるライヴハウス兼パブのザ・ブーガルーでサプライズのシークレット・ライヴを行っている。

このライヴは、ロンドンO2公演を含む今年1月のアリーナ・ツアーが終わって以来、ザ・リバティーンズが母国で行った初めてのライヴとなっている。

ライヴの噂については昨日7月20日の16時頃から流れ始めたが、会場がザ・ブーガルーであることが明らかになったのはライヴの2時間前だったという。チケットは当日券のみの10ポンド(約1400円)で、パーマ・ヴァイオレッツとトランポリンがサポート・アクトを務めている。

昨年9月に復帰作『リバティーンズ再臨(Anthems For Doomed Youth)』をリリースした際にロンドンのザ・ダブリン・キャッスルでシークレット・ライヴをやった時と同じく、深夜12時にステージに登場している。

その際の模様はこちらから。

UKツアーの後、バンドはヨーロッパ各地でライヴを行っており、先週はフランスで2公演を行っていた。

リバティーンズはこのブーガルーでのライヴがしばらくの間は最後になることを匂わしており、ヴェラ・リンの第二次世界大戦時の楽曲“We’ll meet again”を引用して、「また会えるよ。どこで、いつかは分からないけどね」とツイートしている。

カール・バラーは自身のバンド、カール・バラー&ザ・ジャッカルズの音楽に取り掛かる見込みで、ピート・ドハーティはフランスのフェスに出演した際の映像を公開している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ