ANDY WHITTON/NME

Photo: ANDY WHITTON/NME

MGMTはスーサイドのアラン・ヴェガが亡くなったのを受けて、アラン・ヴェガの“Goodbye Darling”をカヴァーしている。

“Goodbye Darling”は1983年発表のアラン・ヴェガのソロ・アルバム『サタン・ストリップ』に収録されている楽曲で、MGMTはサウンドクラウドで、同曲について「愛ある思い出」と評している。

遺族による声明によれば、アラン・ヴェガは7月16日、眠っているなか安らかに亡くなったという。「ピッチフォーク」によれば、ヘンリー・ロリンズがこの知らせを発表している。

「このようなニュースをお伝えするのは深い悲しみと沈黙を伴うものですが、偉大なアーティストでクリエイティヴな影響力を誇るアラン・ヴェガが亡くなったことを惜しくもお伝えしなければなりません」と声明のなかで遺族は述べている。

「アラン・ヴェガは昨晩の7月16日に眠っている中、安らかに亡くなりました。享年78歳でした。アランは執拗なまでにクリエイティヴであっただけでなく、最後まで音楽を書き、絵画を手がけ、驚くほどにユニークでした。1970年代のはじめ、マーティン・レヴと共に二人で、彼はスーサイドとして知られるアヴァンギャルドなバンドを結成しました」

「ほぼすぐに彼らの途轍もない分類不能の音楽は、あらゆるものに反逆するものとなりました。パンク・ロックの遙か先を行く彼らの対決的なライヴ・パフォーマンスは伝説的なものです。彼らのセルフ・タイトルのファースト・アルバムは、アメリカの音楽において最も挑戦的で注目に値する達成の一つとなっています。アラン・ヴェガはあらゆる想像的レベルにおいて真髄を行くアーティストでした。彼の全人生は、彼のヴィジョンが彼に命じるものを表現するのに捧げられていました」

「アラン・ヴェガの最も素晴らしかった点の一つは、自身のアートが要求するものに対してひるむことなくこだわっていたことでした。彼は自分のやりたいことだけをやりました。率直に言えば、彼は創造をするために生きていたのです。恒常的に作品を発表してきた何十年間を経て、世界はアランに追いつき、彼がキャリアの最初期から画期的でクリエイティヴなアーティストであることが認知されました」

MGMTによる“Goodbye Darling”のカヴァーはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ