JENN FIVE/NME

Photo: JENN FIVE/NME

PJハーヴェイやノエル・ギャラガーといった名だたるアーティストのマネージャーたちが、不正な転売行為に反対するため、新たな同盟を結成している。

PJハーヴェイやノエル・ギャラガー、アークティック・モンキーズ、チャーチズ、ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ、マムフォード・アンド・サンズ、ワン・ダイレクションなどのマネージャーたちが、チケットの転売市場における不正な慣習に反対する新しい組織、ファンフェア同盟を結成している。ファンフェア同盟によると、ヴィアゴーゴーやスタブハブ、ゲット・ミー・イン、シートウェーヴといった転売サイトの統計を基に算出すると、転売産業は年間10億ポンド(約1415億円)以上に相当するという。ファンフェア同盟は、「クリエイティヴの経済からの収益を搾取する」行為に歯止めをかけるため、次の4つのゴールを設定している。2015年消費者権利法の「施行」、オンラインにおける売り手の「透明性」、企業による法律遵守の「責任」、そして“技術の悪用”を違法として扱う「適用」である。

同同盟は、ファンが署名できる宣言書も用意しており、それには以下のように書かれている。

1.「一次販売の」チケットが、本当のファンたちの手にわたるように対策を講じます。ファンは、額面価格以上の金額を支払わないものとします。

2.一次販売を行う販売元に対して、額面価格を超える金額でのやり取りを認める転売サイトにチケットがわたることのないように、可能なすべての対策を講じることを求めます。

3.一次販売を行う販売元に対して、販売元帳を監視し、ダフ屋による活動の兆候を見つけた際には、適宜取引を無効にするように求めます。

4.一次販売をサポートし、額面価格に限るチケットの販売および購入を促し、ダフ屋行為を減じるための技術的な革新を支援します。

5.転売を行うプラットホームを規制し、転売業者に対し企業としての責任を果たすように求める消費者のための法律を支援します。

プレスリリースでは、アークティック・モンキーズやロイヤル・ブラッドのマネージャーを務めるイアン・マクアンドリューは次のように述べている。

「ファンフェア同盟は、チケットの転売市場において広がりを見せる不当利得行為に対し、一致した立場を示すことを目的としています。多くの支援をいただき、同盟を組織できたことを大変嬉しく思うとともに、もっと多くの賛同を得られ、私たちに参加してもらえることを期待しています。知識を共有し、革新的な技術を活用し、そして消費者のための法律を確実に施行することで、音楽ファンや広く音楽経済に影響を与える、数百万ポンド規模のダフ屋産業を縮小する、非常に大きな変化を起こすことができるでしょう」

「ファンフェア同盟は、現実的な取り組みを目指します。政府に対しても、策を講じ、現存の法律を確実に施行するためのリソースを確保することを求めます。正しく行われれば、我々は必ず目に余るダフ屋をより多く撲滅し、額面価格のチケットがより多くのファンの手にわたるようにできるはずです。政府の支援は極めて重要になります。もし支援が得られなければ、ファンたちはこれからも搾取され続け、我々業界も困難な闘いを強いられ続けることになるのです」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ