YouTube

Photo: YouTube

キム・カーダシアンは、夫であるカニエ・ウェストテイラー・スウィフトとの確執のせいで反感を受けていることについて、うんざりしているという。

アメリカのTV局「E!」のリアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」の最新エピソードのティーザー映像では、名前を挙げてはいないものの、キム・カーダシアンが夫を擁護するためにテイラー・スウィフトを非難している様子を見ることができる。

「私は今でも彼が罰を受けるべきだとは思っていないの」とキム・カーダシアンは語り、2009年のMTVビデオ・ミュージック・アウォーズで、テイラー・スウィフトが“You Belong with Me”で最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を授与された際、受賞スピーチにカニエ・ウェストが乱入し、ビヨンセの“Single Ladies”が受賞すべきだと主張した事件に言及している。

二人は昨年のVMAsで和解したものの、カニエがアルバム『ザ・ライフ・オブ・パブロ』収録の“Famous”で、「I feel like me and Taylor might still have sex/ Why? I made that bitch famous. (俺は今でもテイラーとセックスしたいかも/なぜって、あのビッチを有名にしたのは俺だから)」とテイラー・スウィフトの名前を出したことから確執は再燃している。

「夫がそういう風にあからさまな扱いを人々から受けて、そういう風に見られるように仕向けられるのにはうんざりよ。カニエはいつだって素直に自分の気持ちを口にするの。私たちが最初にデートした時、皆が私をけなしてきたけど、彼はいつも支えてくれた。その点では、夫を守るためなら私は何をしたって構わないわ」と続けている。

また、彼女はカニエ・ウェストが2009年の授賞式ではやり過ぎたが、ビヨンセが受賞すべきだったという思いは変わっていないと認めている。「ええ、カニエは、数年前のあの出来事で確かに彼女を傷つけたわ。でも、彼女個人に対する攻撃じゃなかったの」と語っている。「他の誰が受賞したって同じことになってたわ。だって、あの年の最高の歌は“Single Ladies”だってみんなが思ってたから、ビヨンセが受賞しないことに対して、彼は抗議したかっただけなのよ」

カニエ・ウェストは先日、“Famous”のミュージック・ビデオも公開しており、こちらにもテイラー・スウィフトは不快感を示しているという。

このビデオには、カニエ・ウェスト自身を含め、裸でベッドに横たわるセレブの蝋人形などが登場する。ビデオのクレジットでは、テイラー・スウィフト、ジョージ・W・ブッシュ、キム・カーダシアン・ウェスト、アンバー・ローズ、リアーナ、クリス・ブラウン、ケイトリン・ジェンナー、ビル・コスビー、ドナルド・トランプ、アナ・ウィンター、レイ・ジェイの名前が挙げられている。

ある情報筋は、次のように語っている。「テイラー・スウィフトは怒りで蒼白になり、(ビデオに対して)ぞっとしていたよ。カニエが何をしたかを聞いて、テイラーはどうすれば良いか分からなかったんだ」

「彼女は困惑し、裏切られたと感じていて、カニエ・ウェストに対してはものすごくフラストレーションを感じているよ。悪夢以外の何ものでもないという感じでね。控えめに言っても、テイラーは激怒しているよ!」

“Famous”のミュージック・ビデオはこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ