GETTY

Photo: GETTY

ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトについてのカルヴィン・ハリスによるツイートに言及したものと見られている。

カルヴィン・ハリスは現地時間7月13日に行った一連のツイートのなかで、リアーナとのコラボレーションによるヒット曲“This Is What You Came For”がテイラー・スウィフトとの共作であることを認めており、元恋人のテイラー・スウィフトについて次のように述べている。「君はツアーが終わって、ケイティの時みたいに葬り去る誰かを必要としてるんだろうけど、僕はその対象になる男じゃない、悪いけどね。そうはさせない」

このツイートでの「ケイティ」はケイティ・ペリーのことを指しているものという推測が広がっており、テイラー・スウィフトとケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトが“Bad Blood”をリリースして以降、緊張状態にあると見られている。“Bad Blood”については多くのファンがケイティ・ペリーについて歌ったものだと見ている。

ケイティ・ペリーは昨日のカルヴィン・ハリスのツイートについて直接言及はしていないものの、ヒラリー・クリントンが肩をすくめるGIF画像をツイートしており、多くの人がこの画像をカルヴィン・ハリスのツイートに対するものと推測している。

また、ケイティ・ペリーは“Bad Blood”がシングルとしてリリースされ、ミュージック・ビデオが公開された2015年5月に行った自身のツイートをリツイートしており、そこには「時こそが究極の真実の語り手である」と綴られている。

この記事を執筆時点で、テイラー・スウィフトはソーシャル・メディアなどで、今回の一件について反応を示していない。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ