Lili Forberg/NME

Photo: Lili Forberg/NME

ザ・ホラーズは2014年発表の『ルミナス』に続く通算5作目となるニュー・アルバムについて、現在の状況を明かしている。

『Q』誌に語ったところによれば、フロントマンのファリス・バドワンは次のように話している。「まさに今、新しいアルバムのレコーディングをやってるんだ。ザ・ホラーズの場合、いつも長くかかっちゃうんだよね。今のところ順調だよ」

ホラーズは先日、何本かヨーロッパでのライヴを行っており、それについては次のようにコメントしている。「ライヴをやるのは、バンドをやってて最も好きなことの一つだからね。曲を書くのにもすごくいいんだよね。化学反応をキープできるからね。それがどんなものであるにせよね」

しかし、ファリスは新しい音源がどのようなものになるかについては明かしていない。「どんな音かは訊かないでほしいんだ。今、何かを言うことはできるけど、作業を終えた時にはまったく違った音になっているからね」

6月に、ホラーズはプロデューサーのポール・エプワースと作業を行っていることを明かしており、2015年末までにリリースしたいと思っていると語っている。

一方、ファリス・バドワンはレイチェル・ゼフィラとのキャッツ・アイズのセカンド・アルバムにも取りかかっているという。セカンド・アルバムについてファリスは「まったく違うんだ。(ゼフィラが)変わったんだよね。もうやさしくなんか歌ってなくて。あのちょっと変わったオペラみたいな感じじゃないんだ。でも、そのほうが彼女の声には明らかに合ってることが分かったんだ」と述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ