PRESS

Photo: PRESS

ジャスティスは5年ぶりとなる新曲“Safe and Sound”を正式に公開している。

“Safe and Sound”は、エド・バンガーの主宰であるビジー・Pことペドロ・ウィンターがソナー・フェスティバルで行ったDJセットの冒頭でかけられていたが、今回、BBCラジオ1のアニー・マックの番組で正式に公開されている。

“Safe and Sound”は、“Civilization”や“On’n’On”といったシングルを収録した2011年発表のアルバム『オーディオ,ヴィデオ,ディスコ』以来の新曲となっている。

“Safe and Sound”の音源はこちらから。

こちらのサイトでは楽曲の無料ダウンロードも可能となっている。

http://www.justice.church/

グザヴィエ・ドゥ・ロズネとギャスパール・オジェからなるジャスティスは2011年発表の『オーディオ,ヴィデオ,ディスコ』以来となるアルバムを2016年にリリースすることを認めている。

ジャスティスは今回インディペンデント・レーベルのビコーズ・ミュージックと契約しており、ビコーズ・ミュージックのツイッターではサインの入った契約書の写真が4月にアップされていた。

新作のリリース日などの詳細はまだ明らかになっていない。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ