INSTAGRAM/THIRD MAN RECORDS

Photo: INSTAGRAM/THIRD MAN RECORDS

ジャック・ホワイトは現地時間7月13日に、性差別と闘う45人のメンバーと共に、ジェンダーの公平性を訴えるため、ナッシュヴィル市議会に出席している。

『テネシアン』紙によれば、ジャック・ホワイトはこのことを発表する記者会見にナッシュヴィル市長のメーガン・ベリーと共に登場したという。ジャック・ホワイトはここでスピーチを行い、その全文がフェイスブックで公開されている。

https://www.facebook.com/notes/jack-white/a-message-from-jack-white-on-gender-equity-the-new-nashville-gender-equity-counc/1230906843609213

全文訳は以下の通り。

「バリー市長、ジェンダーの公平性についての会議に参加できるよう招待してくださって、ありがとうございます。

わたしたちの暮らす、この星の、この社会のすべての人々が等しく扱われる価値があります。社会的生活でも、経済的な面でも、仕事のキャリアにおいても等しく扱われる価値があるのです。

わたしのいるアートの世界でもレコードを作る際に常々、不公平さがあると思ってきました。例えば、ドラマーはシンガーに較べて支払いが少なかったりするのです。単純にシンガーにはエージェントや代理人がいるからです。楽器や技能にかかわらず、彼らは共になにかを生み出しています。彼らは等しく支払いを受けるべきです。二人のヴァイオリン奏者がいて、一人が男性で、一人が女性だとして、違う金額を支払っていたら、バカげていますよね? わたしはそう思うのです。

2016年の今、わたしたちの社会でジェンダーによって賃金や待遇に差異があるのは恥ずべきことです。ジェンダーの公平性は一世紀前から世界中で解決されるべき問題です。この件について取り組まなければならないのは悲しいことです。労働をした場合、その労働への対価はすべての人間に対して等しく支払われるべきです。

ナッシュヴィルとデトロイトの両方にあるサード・マン・レコーズのオーナーとして、2013年からジェンダーにかかわらず、1時間あたり15ドルの最低賃金をすべての従業員に支払うことができているのをわたしは誇りに思っています。

規模の小さな会社でも同じことをするよう後押ししていきたいのです。それは可能なことです。破産することはありません。食事と住まいのために人々は二つの仕事をすべきではありません。わたしの会社のように小さな企業でもこうしたことができるのです。ウォルマートのような数十億ドル単位の企業であれば、なおさらです。

2015年時点で、わたしのレーベルのサード・マン・レコーズの従業員は次のような福利厚生を受けています。フルタイムの従業員は健康保険を受けているのです。わたしはこれを誇らしく、そして嬉しく思います。わたしたちの社会が医療を、お金稼ぎのヴェンチャーではなく、基本的人権とみなしていないことを悲しく思っていましたから。

さらに誇らしく思うのは、妊娠した従業員は、出産後6ヶ月にわたって有給休暇を要求することができます。

新生児の父親も3ヶ月の有給休暇を取得することができます。

新しい命、新しい魂がこの世界にもたらされること以上に重要なことなどありません。そして、新生児の両親は子供の健康と幸せ以外のことを心配する必要などないのです。わたしの小さな企業でも実現できるのですから、マクドナルドやGMもきっと実現できるでしょう。

また、ジェンダーやセクシャリティの判別は完全にその個人次第であり、雇用主や政府が判別すべきものではないということを強調しておかなければなりません。身体的には違った状況や違ったタイプとして生まれてきても、品位を下げるような形で扱われるべきではありません。その人自身がトランスジェンダーやジェンダー・ニュートラルであることを選んだのなら、それが賃金や待遇、他の人々にどう扱われるかについて影響すべきではないのです。

この度は誠にありがとうございます」

ジャック・ホワイトがこうした政治的取り組みを行うのは初めてではなく、前市長のカール・ディーンによるナッシュヴィル・ミュージック・ビジネス・カンファレンスにも彼は以前に出席している。

また、ドリー・パートンはジャック・ホワイトとコラボレーションを行うことをほのめかしている。伝説的カントリー・シンガーのドリー・パートンだが、ロサンゼルスで夕食を共にし、一緒に音楽を作ることについて話し合ったという。

さらに、ファースト・エイド・キットもサード・マン・レコーズにある昔ながらのレコーディング・ブースで新曲をレコーディングしたことを明らかにしている。続いてテネシー州ナッシュヴィルにあるサード・マン・スタジオにいる時の写真をインスタグラムに投稿しており、楽曲については「本当に昔のサウンドになってるの」と述べている。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

Recorded a new song in the recording booth at @thirdmanrecordsofficial. It sounds really old.

First Aid Kitさん(@firstaidkit)が投稿した写真 –

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ