DEAN CHALKLEY/NME

Photo: DEAN CHALKLEY/NME

ノエル・ギャラガーが、2009年に彼がオアシスを脱退した時、残りのメンバーでオアシスのバンド名を掲げたまま継続する可能性があったことを明かしている。

現在はノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズを率いる彼は、もし残りのメンバーが彼に直接申し出ていれば、ビーディ・アイと改名せずにオアシスのままにしてもいいと彼らに許可しただろう、と米『ローリング・ストーン』誌の最新インタヴューで語っている。

「俺が脱退した日、あいつらが揃って俺を呼び出していれば、あの名前を使えたかもしれない。俺はあいつらに名前の使用を認めただろう。でも、あいつらはそうしなかったんだ」と述べている。

残りのメンバーでオアシスを再結成するとしたら許可するか、という質問には次のように答えている。「それを観られるなら金を払うよ。めちゃくちゃ面白そうだと思うからな」。そして、こうも前置きしている。「俺がリアム抜きで再結成するって噂を立てようぜ。コーチェラの2パックみたいにホログラムを使うよ。あいつらを止める気は全然ないよ。マジで楽しそうじゃないか。俺は構わないよ」

また、彼が再結成をする計画はまったくないと否定しており、そうするとしたら金のためだけだと再び念を押している。

ノエル・ギャラガーはこうも語っている。「皆が口々に『君は再結成する、絶対に再結成するはずだ』と言ってくるけど、俺は『なんでそんな確信が持てるんだ?』と返してるんだ。そうすると、『だって君はするからさ』と言ってきて、俺は『そりゃ何だ、めちゃくちゃ漠然としてるな。ジェダイの心理操作でも使おうとしてんのか?』って感じだよ」

「やるとしたら金のためで、俺は金が好きだ。俺は金が必要になれば金のためにやるが、俺は金が必要じゃないんだ」

一方のリアム・ギャラガーは先日、自身はオアシスを再結成させたいが、彼の“地味”な兄であるノエル・ギャラガーがそれを拒否していると述べている。

また、リアム・ギャラガーは“新たな音源”をリリースしようとしていることも発表している。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「ちゃんと聞いてくれ。オアシスの再結成はないけど、俺はそこに関わってないんだ。俺はね。奴が地味でいるのに忙しいんだ。新しい音源が出るよ。クールでいてくれ。そして、なにより今の俺を見ててくれ」

彼は後に「20年前に起きたことに乗るなんて興味ない、それはお前のアイデアだったよな、ミスター・ショウビズを騙そうとしてるデカいポテト(間抜け)野郎」とツイートしている。

ノエル・ギャラガーのインタヴューの全編はこちらから聴くことができる。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ