GETTY

Photo: GETTY

スパイス・ガールズは、再結成ツアーをほのめかす動画を投稿している。

エマ・バントン、ジェリ・ホーナー、メラニー・ブラウンの3人は現地時間7月8日に投稿されたビデオに出演し、デビュー・シングル“Wannabe”から20周年を迎えたことについてファンに対して感謝の意を述べている。

「わたしたちと20年を共にしてくれて、大のありがとうを言いたいわ」とビデオのなかでジェリ・ホーナーは語っている。

「それで、わたしたちはお祝いをしたいと思っていて、パーティーを開きたいの。やる時は全員を招待するわ」とメルビーことメラニー・ブラウンは続けている。

映像ではスパイス・ガールズの今後のプランについて更なる情報が今後発表されることを匂わせるテキストも表示される。

公開された映像はこちらから。

“Wannabe”の歌詞を引用した「あなたが本当に、本当に欲しいものを近々伝えられることを願ってる」というメッセージが動画の最後には表示される。

このビデオは、来年の夏にロンドンのハイド・パークで再結成ライヴを行うのではないかという報道に続くものとなっている。

これまでスパイス・ガールズと何度も仕事をしてきた音楽プロデューサーのエリオット・ケネディは、エマ・バントン、ジェリ・ホーナー、メラニー・ブラウンの3人が新曲に取り組んでいることを認めている。

彼はITVの「グッド・モーニング・ブリテン」のなかで次のように語っている。「メルビーとジェリとエマの3人だけなんだけど、一緒にスタジオに入ったんだ。素晴らしい数日間を過ごしたよ」

「素晴らしい曲を書いたんだけど、そのエネルギーはまさに20年前のような感じなんだ。あの時のように熱狂的で、あの時のように言うべきことがたくさんあって、あれぐらい祝福すべきものなんだよ」

「女性アーティストが現在のようにポップ・チャートで受け入れられるようになったのには彼女たちも関係あると思うんだ。彼女たちはポップ・ミュージックやポップ・カルチャーに大きな影響を与えていて、それを祝福するいい機会だと思うんだよね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ