GETTY

Photo: GETTY

リチャード・アシュクロフトは、学生時代に学校に受け入れられなかった自身のエピソードを披露している。

今年5月に最新作『ジーズ・ピープル』をリリースしたリチャード・アシュクロフトだが、同作から3曲目となるシングル“They Don’t Own Me”がシングル・カットされるのに先駆けて、「ラジオX」のフィル・クリフトンの番組に出演している。

「この曲自体は俺がここ数年で書いた比較的新しい曲の1つなんだ。次のシングルをこれに決めたのは、“Hold On”のコントラストとして、アルバムの他の側面も示しているからなんだよ」とリチャード・アシュクロフトは語っている。「このアルバムの情緒的な部分というものをもう一度響かせたかったんだよね。個人としての自由、支配、権利などあらゆるそういったものをね。この曲は俺にとってそういうすべてのものを要約していて、素晴らしい仕上がりになってるんだ」

ニュー・シングルをリリースするというプレッシャーについては、リチャード・アシュクロフトはこう続けている。「でも、なにがしかのものをリリースする時っていうのは同時に、俺がやっていることに対して抵抗しようとする音楽業界のある程度の重圧があるは分かってるんだ。それが何かは特定してないけどさ、けど、いつもそこにあるもんなんだよ。だから、何かをリリースするときはいつも戦う用意は出来ているよ」

また、リチャード・アシュクロフトは音楽業界に足を踏み入れて参入していくという挑戦がどれだけ難しかったか語っている。「音楽でGCSE(英国の義務教育終了時の全国統一試験)の受験を許されなかったんだ。美術で受けるのも禁止されていた。俺はクラスの癌のような存在だと言われたんだ。俺は制限されてたんだよ。40代になってもなお、何をしようか、何が達成できるか、何が目的であるべきか、制限しようとしてくる奴がいるんだ。それが俺たちが戦っているものなんだ。俺は楽器を演奏している人や曲を書いている人にこう言うよ。雨の中で立ち尽くすな、間抜けなやつに自分がどうすべきか言わせるんじゃない、自分の運命は自分でコントロールしろ、そして今が自分自身のレコード会社を作る時だ、自分の音楽を世に送り出せ、そして、もしメインストリームに行って、誰かと1枚のアルバム契約を結びたかったら、それはそれでいいんじゃないかってね」

リチャード・アシュクロフトは10月にソロとしては16年ぶり、ザ・ヴァーヴでの来日から数えても8年ぶりとなる来日公演を行うことが発表されている。

この公演は、本サイト「NME JAPAN」が企画・主催するもので、「NME JAPAN presents リチャード・アシュクロフト ジャパン・ツアー2016」として開催される。

チケットの一般発売は明日7月9日(土)午前10時よりスタートする。

来日公演の詳細は以下の通り。

NME JAPAN presents リチャード・アシュクロフト ジャパン・ツアー2016

大阪
10月4日(火) ZEPP NAMBA
OPEN 18:00/START 19:00
TICKET:1Fスタンディング¥8,500、2F指定席¥9,500(税込・1ドリンク代別)

東京
10月6日(木) ZEPP TOKYO
OPEN 18:00/START 19:00
TICKET:1Fスタンディング¥8,500、2F指定席¥9,500(税込・1ドリンク代別)

10月7日(金) ZEPP TOKYO
OPEN 18:00/START 19:00
TICKET:1Fスタンディング¥8,500、2F指定席¥9,500(税込・1ドリンク代別)

公演の公式サイトはこちらから。

http://ashcroft-japantour.com

リリース情報

RICHARD ASHCROFT
“THESE PEOPLE”
リチャード・アシュクロフト『ジーズ・ピープル』
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
品番:OTCD-5430 定価:¥2,300+税
日本盤ボーナス・トラック収録予定
1. Out Of My Body / アウト・オブ・マイ・ボディ
2. This Is How It Feels / ディス・イズ・ハウ・イット・フィールズ
3. They Don’t Own Me / ゼイ・ドント・オウン・ミー
4. Hold On / ホールド・オン
5. These People / ジーズ・ピープル
6. Everybody Needs Somebody To Hurt / エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ハート
7. Picture Of You / ピクチャー・オブ・ユー
8. Black Lines / ブラック・ラインズ
9. Ain’t The Future So Bright / エイント・ザ・フューチャー・ソー・ブライト
10. Songs Of Experience / ソングス・オブ・エクスペリエンス
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録予定

アルバムのダウンロードはこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ