PRESS

Photo: PRESS

ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアはポンペイ市の名誉市民に任命されている。

デヴィッド・ギルモアは週末にアンフィシアター・オブ・ポンペイでライヴを行う予定となっている。このアンフィシアターはローマ時代のアンフィシアター(円形劇場)では世界最古のものとなっていて、1971年にピンク・フロイドはここでライヴを行ったことで知られている。

このライヴの模様は撮影され、『ピンク・フロイド ライブ・アット・ポンペイ』としてリリースされている。

『ファクト』誌が報じたところによれば、市長のファーディナンド・ウリアーノは、彼が再びこの街に戻ってきたことを受けて、名誉市民の称号を贈ったという。

ピンク・フロイドについては、デヴィッド・ギルモアが代わって加入したシド・バレットの未公開の映像がケンブリッジ映画祭で公開されることが発表されている。

シド・バレットの学生時代の友人で、アート・スクールに通っていたアンソニー・スターンが撮影した映像作品が公開されるほか、映画が公開される週末にシド・バレットをテーマとしたウォーキング・ツアーを開催されるという。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ