GETTY

Photo: GETTY

アデルは現地時間7月5日にアメリカ・ツアーをスタートさせ、プリンスの住んでいたミネソタ州でプリンスへの追悼の意を表明している。

アデルはミネソタ州セント・ポールのエクセル・エナジー・センターで公演を行い、自身のディスコグラフィーから“Hello”、“Rumour Has It”、“Skyfall”といった楽曲を披露している。

米『ビルボード』誌によれば、アデルがアンコールの前にステージを降りた際、ステージのスクリーンにはプリンスの1994年のヒット曲“The Most Beautiful Girl In The World”のミュージック・ビデオが全編映し出されたという。また、彼女はプリンスの楽曲をカヴァーすることは意味がないと感じたとして、「ちょっと楽曲をカヴァーしようかとも考えたんだけど、でも、やめたの。だってプリンスだもの」と語っている。

ファンが撮影した写真はこちらから。

https://twitter.com/serpan99/status/750544046829993984

この日のセットリストは以下の通り。

Hello
Hometown Glory
One and Only
Rumour Has It
Water Under The Bridge
I Miss You
Skyfall
Million Years Ago
Dont You Remember
Send My Love (To Your New Lover)
Make You Feel My Love
Sweetest Devotion
Chasing Pavements
Someone Like You
Set Fire to the Rain
Encore:
All I Ask
When We Were Young
Rolling in the Deep

また、アデルのサード・アルバム『25』は、6月25日のグラストンベリー・フェスティバルでのパフォーマンスを受けてUKアルバム・チャートで1位に返り咲いている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ