GETTY

Photo: GETTY

最新の調査によってライヴの側面から人気のあるUKの都市のランキングが発表されている。

この調査はエンターテインメント・イベント関係のリスティング・サイト「エンツ24」が行ったもので、ランキングは首都のロンドンを筆頭に、マンチェスター、ブリストル、グラスゴーといった都市が続いている。

トップ10には、驚くことにエディンバラやシェフィールド、ノッティンガムといった主要都市を差し置いて、ブライトンやウルヴァーハンプトンといった小さな都市もランクインしている。

トップ10のランキングは以下の通り。

1. ロンドン
2. マンチェスター
3. ブリストル
4. グラスゴー
5. リーズ
6. カーディフ
7. バーミンガム
8. ブライトン
9. リヴァプール
10. ウルヴァーハンプトン

「エンツ24」では、このリストは「今後、UKの中でどこよりも数多くのイベントが予定されている街」を挙げており、「22000以上の営業中のライヴ会場を対象とした」とブログへの投稿では説明されている。同社によると、この調査は「最も人気のあるライヴが、どれで、どのエリアで行われているかについての素晴らしい考察を与えてくれる」という。

また、この調査では主要都市に近接する「サテライト・タウン(衛星都市)」は独自のライヴ音楽シーンを確立するのが難しいと指摘している。例えば、ロンドン近郊に位置するルートンは人口20万人を超える街だが、「全国ツアーが回るための会場は1つもない」としている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ