PRESS

Photo: PRESS

フィーダーは4年に及ぶ活動休止を経て、9月に15公演のツアーを行うことを発表している。

ヴォーカル&ギターのグラント・ニコラスとベースのタカ・ヒロセの二人によるフィーダーだが、最後のアルバムは2012年発表の『ジェネレイション・フリークショウ』となっている。

6月に開催されたワイト島フェスティバルで復帰を果たしたフィーダーだが、ライヴ・ドラマーにカール・ブラジルを迎えたフィーダーはツアーで新曲を初披露する予定だという。

グラント・ニコラスは次のように語っている。「もう一度ツアーに出ていくのを本当に楽しみにしてるんだ。休みを経て生まれ変わったように感じてるんだよね。ワイト島フェスティバルは一緒に演奏するのがいかに素晴らしいか、そして、ファンの忠誠心が本当に強烈なものであることを思い出させてくれたんだ。帰ってきたよ。新曲をみんなに聴いてもらえることに興奮してるよ」

ツアーは1996年発表のデビュー・ミニ・アルバム『スイム』の20周年を記念したものとなっている。フィーダーは、“Buck Rogers”、“Just The Way I’m Feeling”、“Just A Day”など、UKシングル・チャートのトップ40に入ったヒット曲を25曲も輩出している。

活動休止中、グラント・ニコラスは『ヨークタウン・ハイツ』、『ブラック・クラウズ』という2枚のソロ・アルバムをリリースしており、タカ・ヒロセはフィーダーのサポート・ギターであるディーン・タイディ、LUNA SEAのINORAN、8ottoのMAESONと共にマディ・エイプスを結成している。

ツアー日程は以下の通り。

Gasgow O2 ABC (September 28)
Ullapool Loopallu (30)
Newcastle University (October 1)
Manchester O2 Ritz (3)
Birmingham O2 Institute (4)
Norwich UEA (6)
Exeter Lemon Grove (7)
Leeds Beckett University (9)
Bristol O2 Academy (10)
London Roundhouse (12)
Portsmouth Pyramids (13)
Nottingham Rock City (14)
Dublin Academy (16)
Belfast Limelight (17)
Cardiff Tramshed (19)

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ