PRESS

Photo: PRESS

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフロントマンであるアンソニー・キーディスは、元ギタリストのジョン・フルシアンテとの曲作りについて語っている。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは6月17日に2011年発表の『アイム・ウィズ・ユー』以来となる通算11作目となるニュー・アルバム『ザ・ゲッタウェイ』をリリースしている。アルバムはデンジャー・マウスがプロデューサーを務めており、レディオヘッドの諸作で知られるナイジェル・ゴッドリッチがミックスを手がけている。

アルゼンチンのテレビ番組「ラ・ヴィオラ」のインタヴューに答えたアンソニー・キーディスは、ジョン・フルシアンテとの音楽的関係がどのようなものだったのかについて語っている。

「ジョンは俺だけでなく、多くの人にとってとても特別な存在だよね。そして、ジョンとの音楽を通しての経験は最も素晴らしいものの1つだし、一緒に音楽を作るにあたって最もやりやすい人でもある。ジョンと俺が床に座り、俺が紙を取り出して『ほら、歌詞を書いたんだ』と言ったとしたら、彼はその歌詞を見せてよと言い、それを読んで、やってみようと言うんだ。彼が音を奏で始めると、俺は歌い始めてね。そして『こんな感じで演奏できる?』と言うと、彼は『よし、やってみよう』と言ってさ。そうやって1曲できるんだ。一緒に楽曲を作るのに、こんなにも楽な人は今まで出会ったことがないよ。そして出来上がる曲はとても良いものなんだ」

「『今日はとても悲しい気持ちなんだ』と彼に電話をしたら、『今すぐ来なよ、曲を書こうよ』ってなるんだ。そして、俺は悲しい気持ちを抱いたままジョンのところに行ってね。『座って。ノートを用意したら、今の気持ちを書き始めてよ』ってね。こうしてまた1曲できるんだ」

「彼がいなくて寂しく思うけど、別々の人生を歩んでいることは受け入れなければならないよね。でも、やっぱり寂しいな」

インタヴューの模様はこちらから。

先日、『エンタテインメント・ウィークリー』誌のインタヴューに答えたアンソニーは、ジョン・フルシアンテの近況について触れている。「最近はジョンと話してないんだ。でも、好意的な嬉しいことを聞いてね。彼はアルバムを聴くのを楽しみにしてるっていうんだ。彼が気にしててくれて嬉しかったし、よくある恨み節みたいなものもないわけだからさ。ジョンが脱退した時は大きな損失だったよ。だって、彼は素晴らしい作曲のパートナーだったし、ずば抜けた音楽的人物だったわけだからさ。でも、あれが新しくて新鮮な人物とやる機会も与えてくれたんだよね。新しい血が新しいケミストリーを生むこともあるし、おそらくこれから5年、10年と進み続けていくためのビタミン注射になるわけでさ」

『ザ・ゲッタウェイ』のダウンロードはこちらから。

リリース詳細は以下の通り。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / Red Hot Chili Peppers
ニュー・アルバム
『ザ・ゲッタウェイ』原題:The Getaway
2016年6月17日リリース
品番:WPCR-17366|価格:¥2,300 +税
トラックリスト
1. ザ・ゲッタウェイ / The Getaway
2. ダーク・ネセシティーズ / Dark Necessities
3. ウィ・ターン・レッド / We Turn Red
4. ザ・ロンゲスト・ウエーヴ / The Longest Wave
5. グッドバイ・エンジェルス / Goodbye Angels
6. シック・ラヴ / Sick Love
7. ゴー・ロボット / Go Robot
8. フィースティング・オン・ザ・フラワーズ / Feasting on the Flowers
9. デトロイト / Detroit
10. ジス・タイコンデロガ / This Ticonderoga
11. アンコール / Encore
12. ザ・ハンター / The Hunter
13. ドリームス・オブ・ア・サムライ / Dreams of a Samurai

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ