PRESS

Photo: PRESS

先日、新しい音源をリリースすることを宣言したリアム・ギャラガーだが、その後すぐにノエル・ギャラガーへの非難と取れるツイートを行っている。

先日、リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「ちゃんと聞いてくれ。オアシスの再結成はないけど、俺はそこに関わってないんだ。俺はね。奴が地味でいるのに忙しいんだ。新しい音源が出るよ。クールでいてくれ。そして、なにより今の俺を見ててくれ」

この後、リアム・ギャラガーはオアシスについてさらに言及するツイートをしている。ユーロ2016で快進撃を続けるウェールズ代表を鼓舞するようなツイートを挟みながら、オアシスについて次のように述べている。「20年前に起こったようなことに飛びつこうとしているわけじゃない。あれは大マヌケのお前のアイディアだったろ。誰をからかおうとしてるんだ、このショウビズ野郎」

そして、オアシスへの未練がないことについて更に説明している。「もし俺がオアシスを再結成させるのに必死だったら、お前らが神サマとか呼んでるヤツをこのツイッター上で潰そうとするわけないだろ。媚びへつらうつもりはないんだ。またな」

リアム・ギャラガーの新曲について新バンドを結成したのか、ソロでリリースするかは明らかになっていない。リアム・ギャラガーは2014年にビーディ・アイを解散させている。以前、リアム・ギャラガーはソロ・アルバムをリリースしないと表明しており、「俺はクソ野郎じゃねえ」とツイートしている。

2008年にオアシスが解散して以降、ギャラガー兄弟の関係はギクシャクとしている。先日、リアム・ギャラガーはロシアのサッカー・サポーターについてのツイートがソーシャル・メディア・ユーザーに同性愛者嫌いだと見なされ、批判されたのを受けて謝罪している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ