SHAMIL TANNA/NME

Photo: SHAMIL TANNA/NME

ケンドリック・ラマーはオバマ大統領が行う7月4日の最後のバーベキューでパフォーマンスを行うことが明らかになっている。このバーベキューはホワイトハウスのサウス・ローンで開催されるもので、軍人とその家族を祝福するために開催される。

ケンドリック・ラマーは今年、貧困者の多い都心部の過密地区に関連するトピックとケンドリック・ラマーの「ペイ・イット・フォーワード」キャンペーンについて話し合うためホワイトハウスを訪れている。オバマ大統領は、ケンドリック・ラマーの“How Much A Dollar Cost”を2015年のフェイバリット・ソングに挙げている。

ホワイトハウス報道官のジョシュ・アーネストは、ジャネール・モネイがバーベキューでパフォーマンスを行うことも発表している。

ケンドリック・ラマーは先日、BETアウォーズでのビヨンセのサプライズ・パフォーマンスに参加している。ケンドリック・ラマーとビヨンセは、ビヨンセの最新作『レモネード』に収録の“Freedom”をこの日ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターを披露しており、ケンドリック・ラマーはステージ下から登場している。

ケンドリック・ラマーは今年『タイム』誌の選ぶ最も影響力のある人物のリストに選ばれたほか、ミスターF.A.B.の楽曲“Survive”にゲスト・ヴァースで客演している。一方、オバマ大統領は5月31日に2016年6月についてアフリカン・アメリカン・ミュージック鑑賞月間を宣言している。

宣言のなかでオバマ大統領はアフリカン・アメリカン・ミュージックについてアメリカの財産の「必要不可欠の要素」だとしており、6月は音楽を通して「我々を一つにし、我々自身に対する真の考察をもたらし、困難な闘争を超えたところにあるハーモニーに手を伸ばすために我々を刺激してくれた」アーティストを讃えるためのものだと語っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ