NME

Photo: NME

ノエル・ギャラガーはイギリス出身のコメディアンで、ニュー・オーダーのピーター・フックの元妻として知られるキャロライン・エイハーンが亡くなったのを受けて追悼の意を表明している。

現地時間7月2日、キャロライン・エイハーンはガンのために享年52歳で亡くなっている。彼女の広報担当者がその事実を認めている。

「ザ・ロイル・ファミリー」や「ミセス・マートン」の脚本・出演で知られ、最近ではチャンネル4の「ゴグルボックス」のナレーションも担当していたキャロライン・エイハーンは、以前眼のガンと膀胱ガンを克服していたが、昨年、肺ガンと診断されていた。彼女はグレイターマンチェスター州のティンパーリーにある自宅で亡くなったという。

ノエル・ギャラガーはアメリカ・ツアーの公演のなかでキャロライン・エイハーンに追悼の意を表明し、胸に迫るような“Half the World Away”を捧げている。“Half the World Away”は「ザ・ロイル・ファミリー」のテーマ曲として使用されていた。インスタグラムでノエル・ギャラガーは「安らかに。今夜、君のために歌うつもりだよ(僕の神である君は俺たちを笑わせてくれたね!)」と投稿している。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

RIP Kaz..💔 I shall sing for you tonight. (My god you made us laugh!)

Noel Gallagherさん(@themightyi)が投稿した写真 –

「マンチェスター・イヴニング・ニュース」によれば、ノエル・ギャラガーはナッシュヴィルでステージに立つ僅か数時間前に彼女が亡くなったことを知ったという。曲を紹介する際、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「次の曲は今日の午後、亡くなった俺の友人に捧げたいんだ」

彼はこう続けている。「彼女の名前はキャロラインで、本当に本当に面白い人だったんだ。彼女は次の曲を、すごく、すごく、すごく最高なイギリスのコメディ番組『ザ・ロイル・ファミリー』で使ってたんだよね」。その後、空を指差し、「君がどこにいようともね」と締めくくっている。

その時の模様はこちらから。

キャロライン・エイハーンに対しては「ザ・ロイル・ファミリー」で共演したリッキー・トムリンソンやラルフ・リトルも追悼の意を表明している。同じくコメディアンの多くも追悼の意を表明しており、エドガー・ライトは彼女を「funny bones(※笑いのセンス、という意がある)」と評している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ