PRESS

Photo: PRESS

イアン・ワトキンスが起こした、子供に対する性的虐待事件に関わった3人の警察官による捜査方法に不備が見つかり懲戒処分となる予定だという。

ロストプロフェッツの元フロントマンであるイアン・ワトキンスは、幼児1人に対する強姦未遂を含む子供への複数回に及ぶ性的虐待により、2013年12月に禁固29年と保護観察処分6年の刑を言い渡されている。その後、裁判官らによって彼の犯罪は「容認できないひどい行い」であり、長期の拘禁刑に値すると決定され、量刑を不服とするイアン・ワトキンスの上告は却下されていた。

BBCニュースは、IPCC(警察の苦情処理独立委員会)からの報告を受けて、南ウェールズ警察の3人の警察官――巡査部長1人と巡査2人――が違法行為に対して訴えを起こされるだろうと報じている。

IPCCの報告では、2008年12月に遡ってイアン・ワトキンスに関する子供への性的虐待がどのように訴えられたのかを詳細に調査していた。しかし、巡査部長が「調査を進めるための十分な行動をとらなかった」上に、2人の巡査は「合理的で有用な取り調べ方法を行わなかった」としている。

IPCCによる別の調査も明らかになる予定となっており、その中ではサウスヨークシャー州警察がイアン・ワトキンスの事件に関して、どのような役割を担当していたかが明らかにされるという。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ