GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは、自身はオアシスを再結成させたいが、彼の“地味”な兄であるノエル・ギャラガーがそれを拒否していると述べている。

また、リアム・ギャラガーは“新たな音源”をリリースしようとしていることも発表している。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「ちゃんと聞いてくれ。オアシスの再結成はないけど、俺はそこに関わってないんだ。俺はね。奴が地味でいるのに忙しいんだ。新しい音源が出るよ。クールでいてくれ。そして、なにより今の俺を見ててくれ」

同日の7月1日、リアム・ギャラガーはシンプルに「Greedy Soul」とツイートしており、こちらは新しい楽曲やアルバムのタイトルの可能性もあるという。リアムはさらに「これは公式の発表だ。ロックンロールが戻ってくるよ」とツイートしている。これに対して元オアシスのギタリストであるボーンヘッドは拳の絵文字をツイートしていたという。二人は2013年のティーンエイジ・キャンサー・トラストのためにロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで共演している。

リアム・ギャラガーが新バンドを結成したのか、ソロでリリースするかは明らかになっていない。リアム・ギャラガーは2014年にビーディ・アイを解散させている。以前、リアム・ギャラガーはソロ・アルバムをリリースしないと表明しており、「俺はクソ野郎じゃねえ」とツイートしている。

2008年にオアシスが解散して以降、ギャラガー兄弟の関係は確実に緊張関係のあるものとなっている。先日、リアム・ギャラガーはロシアのサッカー・サポーターについてのツイートがソーシャル・メディア・ユーザーに同性愛者嫌いだと見なされ、批判されたのを受けて謝罪している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ