GETTY

Photo: GETTY

ロードは恵まれない子供に食事を提供するニュージーランドのチャリティに2万ニュージーランド・ドル(約140万円)を寄付している。

「フュエル・ザ・ニード」と題したこのチャリティは、アッパー・ハットで暮らす子供たちに学校での昼食を援助するために立ち上げられたもので、フュエル・ザ・ニードが接触した地元企業による寄付が全部で14002万ニュージーランド・ドル(約10万円)だったのを受けて、寄付を行っている。

「フュエル・ザ・ニード」の主催者のマニュエル・ダルトンは次のように語っている。「それまでに約10万円ほどしか集められていなかったのです。なので、ロードの寄付があったことは、素晴らしいことでした」

本名をエラ・マリヤ・ラニ・イェリッチ=オコナーというロードは、「フュエル・ザ・ニード」のページに次のようなコメントを寄せている。「マニュエルとフュエル・ザ・ニード、素晴らしいわ。これが少しでも援助になることを願ってます。学校ですべての生徒が食事を食べられることに情熱を注いでいる元生徒より多くの愛を」

https://givealittle.co.nz/cause/fueltheneed/donations

昨年、ロードは同様に貧しい子供たちの食事を提供するための「イート・マイ・ランチ」をインスタグラムで広めている。その際、次のようなコメントを綴っている。「学校で食事を食べられない子供のことを考えてたら泣きたくなっちゃった。だって、集中して勉強することがすごく難しいでしょ」

ロードは2013年発表のデビュー・アルバム『ピュア・ヒロイン』に続く次回作の制作を続けている。その間、ディスクロージャーの最新作『カラカル』に参加したほか、今年のブリット・アウォーズではデヴィッド・ボウイに捧げた“Life On Mars?”のパフォーマンスを行っている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ