INSTAGRAM

Photo: INSTAGRAM

セイント・ヴィンセントは2016年の初ライヴをトイレの便器姿の衣装を着て行っている。

セイント・ヴィンセントはニューヨークのクラブ、ル・ポアソン・ルージュで行われたベネフィット・コンサートに出演している。この公演はセイント・ヴィンセントのバンドのドラマー、マット・ジョンソンの息子のジャスパーのために行われたもので、彼は2月にてんかん発作を起こしており、現在治療中だという。

収容700人の会場で行われたライヴで、セイント・ヴィンセント曲名不明の新曲を初披露している。ファンはこの曲について、この日会場も訪れていた恋人のカーラ・デルヴィーニュについて歌ったものじゃないかと推測している。

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

that's @st_vincent dressed as a toilet singing a song about @caradelevingne, to Cara.

Sam Paxtonさん(@instaslammy)が投稿した動画 –

この日、セイント・ヴィンセントは紫の便器から頭が突き出たコスチュームでライヴ全編を行っている。ライヴでは“Marry Me”や“Bring Me Your Loves”も披露された。

他にもファーザー・ジョン・ミスティとルーファス・ウェインライトが出演し、デュエットを披露したほか、ジョーン・アズ・ポリス・ウーマン、カーディガンズのニーナ・パーション、エリジアン・フィールズも出演している。

2014年のセルフ・タイトル作をリリース後、セイント・ヴィンセントは「ガールズ」のサウンドトラックに収録されたシングル“Teenage Talk”をリリースしており、アート・フェスティバルのソルナではダラス交響楽団と共演している。

今年4月、ホラー映画のアンソロジー・シリーズ『XX』の一部で初めて映画の監督を務めることも発表されている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ