GETTY

Photo: GETTY

エイフェックス・ツインの新曲“2X202-ST5”の音源がオンラインで公開されている。

この曲は7月8日にリリースされる『チーター EP』に収録される。

楽曲は現地時間6月29日にBBCラジオ6で初公開されている。以下のリンクの1時間56分27秒から聴くことができる。

http://www.bbc.co.uk/programmes/b07gygp2

“2X202-ST5”は、先日渋谷で17年ぶりのミュージック・ビデオが公開された“CIRKLON3 [Колхозная mix]”に続くものとなっている。このミュージック・ビデオはダブリン在住の若干12歳の少年、ライアン・ワイアーが監督している。自身のYouTubeチャンネル「epic1:40d Gaming」を持ち、数年前からエイフェックス・ツインやスクエアプッシャーの音源を使用した自作のビデオをアップしていたことが今回の起用に繋がったという。

“CIRKLON3 [Колхозная mix]”のミュージック・ビデオはこちらから。

今回の『チーター EP』は、2014年にリリースされ、マーキュリー・プライズにノミネートされた『サイロ』以降、3つめのリリースとなっている。エイフェックス・ツインは『コンピューター・コントロールド・アコースティック・インストゥルメンツ・パート2』や『MARCHROMT30a Edit 2b 96』といったEPを昨年リリースしている。

2001年の『ドラックス』から『サイロ』まで13年間がかかったわけだが、リチャード・D・ジェイムスはもっと早く次の作品はリリースされるだろうと『サイロ』のリリース時に語っていた。「音楽をリリースすることはどんどん難しくなってきててね。それをまとめようとすると、いつも数時間でやめてしまうんだ。だって、あまりにたくさんの曲があって、迷ってしまうからね。でも、今はそれらを聴いて、まとめようとしてるモードにあるんだ。よりたくさんの音源をリリースすることになると思ってるよ、うまくいけばね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ