GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは、過去にマリリン・マンソンといたずらで競い合っていたことを明かしている。

スリップノットとマリリン・マンソンは2001年にオズフェストに参加し、一緒にツアーを回っている。コリィ・テイラーは一度、マリリン・マンソンを気持ち悪がらせるために自身のゲロを飲んだ時のことを語っている。

「マジで楽しかったんだ。あのツアーは全部すごく楽しかったね」とコリィ・テイラーは米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「コップにゲロをして、それをマリリン・マンソンの前で飲んだんだ。彼はある種ゾッとしてたね。どう受け取っていいのか、本当に分からなかったんだよ」

「そしたら、マリリン・マンソンは俺たちの楽屋にタイトな白の下着姿で走って入ってきて、俺たちのために踊って、走り去っていったんだ。俺たちときたら『何が起こったんだ?』って感じだったよ」

「お互いふざけ合うつもりはなかったんだ。でも、そうなって、どんどん妙な感じになっていったんだ」とコリィ・テイラーは続けている。

「両者共に、ポジティヴな競争意識が生まれてね。彼にいたずらすると、毎晩彼は文句を言ってきてさ。それで、俺たちもいっそ毎晩文句を言ってもらおうってなったんだよね」

「そうした競争意識と共に、お互いへのリスペクトも生まれてさ。そのおかげで、どこに行っても素晴らしいライヴをやることができたんだ。俺にとっては、仲間であるアーティストに見せられる最高のリスペクトだと思うね。特にその人のやることを本当に楽しんでるならなおさらね」

スリップノットは今夏、マリリン・マンソンとツアーを行う予定となっている。スリップノットはコリィ・テイラーが予期せぬ背骨の手術を受けなければならなかったために、北米ツアーの一部日程を延期している。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ