PRESS

Photo: PRESS

レディオヘッドのメンバーであるエド・オブライエンは、カニエ・ウェストに衝撃を与えた時のことについて語っている。

エド・オブライエンはロンドンを拠点とするレーベル、ニンジャ・チューンのポッドキャストに出演している。ジ・インヴィジブルのフロントマンであるデイヴ・オクムと共に出演した第二話で、エド・オブライエンはカニエ・ウェストと遭遇した時のことについて詳しく語っている。

「オーケー、じゃあ、ここで有名人の名前を出すことにするよ」と彼は始めている。「4年ほど前にリオデジャネイロでカーニヴァルをやってた時期にカニエ・ウェストと一緒に夜を過ごしたことがあるんだ。彼はまったく僕に興味がなくてね。まったくね……彼の妻はさらに僕に興味がないだろ。共通の友人が引き合わせてくれたんだけどね」

「でも、僕は彼に言ったんだ。『イギリス人のミュージシャンに神の存在を信じてるのかって訊いたら、99%は「バカなことを言うなよ。そんなわけないだろ」って答えるよ』ってね。それが衝撃だったみたいでね。『お前、本気で言ってんのか』って感じでさ。その時はジョン・マッケンローみたいだったな」

ポッドキャストの全編はこちらから。カニエ・ウェストのエピソードは11分50秒から。

http://media.ninjatune.net/podcast/ninja_cast_38.m4a

ポッドキャストの第一話ではエド・オブライエンはアバが好きで、「大興奮した」経験について語っている。

一方、カニエ・ウェストは最新の“Famous”のミュージック・ビデオを女優、監督、脚本家のレナ・ダナムには批判されている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ