PRESS

Photo: PRESS

ブリンク182が通算7作目となるスタジオ・アルバム『カリフォルニア』のリリースに先駆けて、“No Future”と題された新曲を公開している。新曲はこのアルバムから公開された4曲目の楽曲となる。

バンドはこの曲のリリック・ビデオを公開しており、アルバムを予約した人は音源のダウンロードも可能になっている。

ブリンク182にはギタリストのトム・デロングに代わって、先日アルカライン・トリオのマット・スキバが加入している。トム・デロングが脱退したのは2015年1月で、彼はその後、SFの要素を散りばめて、UFOに遭遇して宇宙人に拉致されたと主張する実生活の話を綴った著書『シークレット・マシーンズ』を発表している。

トム・デロングはUFOの捜索に集中するためにバンドを辞めたという話を否定している。今週の初めにそういった報道が出たことを受けて、彼は、バンドを辞めたことを否定しながらも、UFO問題については政府関係者と取り組んでいると冗談めいたコメントをフェイスブックに投稿している。

「UFO捜索のためにバンドを辞めたって? ハハハ、メディアはイカレちまったのか? 実際のところ、トラヴィスとは今、俺たちのことを話し合っているよ……辞めてはないんだ、分かった? しかし、俺が政府関係者と一緒に活動をしているかって? イエスだ。アメリカ国防総省や諜報機関、行政府とも一緒かって? イエスだよ。おかしなヘッドラインを考える前に、ドキュメンタリーを待つことだな。ハハ……」

https://www.facebook.com/officialtomdelonge/posts/1139528656069472:0

“No Future”のリリック・ビデオはこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ