GETTY

Photo: GETTY

プリンスは亡くなる数日前に処方薬の中毒についてのカウンセリングを求めていたと、亡くなる1週間前にオーヴァードーズを起こした際に居合わせた友人が明らかにしている。

プリンスの友人である日系女性シンガーのジュディス・ヒルは、今年4月の亡くなる6日前に処方薬のオーヴァードーズで飛行機を緊急着陸させた際、プライベート・ジェット機のなかでプリンスと一緒にいたという。

ジュディス・ヒルの2015年発表のアルバム『バック・イン・タイム』はプリンスがプロデューサーを務めている。最後の公演となったアトランタ公演から自宅のあるミネソタ州に戻る飛行機のなかで、彼女はプリンスと彼のアシスタントであるカーク・ジョンソンと一緒におり、その際、プリンスがオーヴァードーズであるのに気づいたという。

プリンスは返事がなく、意識を失っていたようで、そこで彼女はパイロットにそれを通知していたという。彼女は『ニューヨーク・タイムズ』に次のように語っている。「わたしたちはプリンスを降ろさなければならなかったの。飛行機には彼を助けられるようなものがなかったから」

イリノイ州のモリーン空港に到着して、プリンスは処方薬のオーヴァードーズの治療に使われるナロキソンの注射をしたという。プリンスの病院を訪れた際、彼女は次のように言われたと明かしている。「僕がここにいられるのは神の恩恵のおかげでしかないね。僕は自分の人生のために闘わなければならない。遠くから君とカークの声が聞こえてきたのを覚えてるよ。それで、僕は自分自身に言ってたんだ、『声に従え。自分の身体に戻るんだ。お前はそうしなくちゃならないんだ』ってね」

ジュディス・ヒルはこう続けている。「プリンスは、自分の身体に戻るのはこれまででも最も大変なことだったって言ってたわ」

ジュディス・ヒルによればオーヴァードーズを受けて、プリンスは「援助してもらうことについて親権だった」とのことで、スペシャリストにして専門家のハワード・コーンフィールド博士によるカウンセリングを求めていたという。「それがすごく悲しかったところなの。だって、彼は治そうとしていたんだから」とジュディス・ヒルは語っている。

先日、プリンスの未発表曲についてはブロードウェイ・ミュージカルやシルク・ド・ソレイユといった舞台作品で公開することをプリンスのマネージャーが計画していることが明らかになっている。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ