GETTY

Photo: GETTY

プリンスの未発表曲が先週末にミランで行われたヴェルサーチのファッション・ショーで使用されたという。

先日、プリンスの未発表曲についてはブロードウェイ・ミュージカルやシルク・ド・ソレイユといった舞台作品で公開することが計画されていることが報じられていた。今回、プリンスの未発表曲がミラン・ファッション・ウィークのヴェルサーチのメンズ・スプリング・サマー2017・コレクションで使用されたという。

『デイズド』誌によれば、ドナテラ・ヴェルサーチはプリンスの友人だったとのことで、「個人的な贈り物」として楽曲は書かれたものだという。ドナテラ・ヴェルサーチは米『ビルボード』誌に「彼は長年にわたってわたしに曲を送ってくれたの。それが彼のコミュニケーション方法だったのよ」と語っている。彼女は続けて、プリンスが最後に曲を送ってきたのはわずか5ヶ月前だったことも明かしている。

「プリンスを友人に持つのは特別なことだったし、光栄だったわ。オーディエンスに未発表曲を公開できるのも特権よね」と彼女は続けている。「みんなには彼がどれだけお茶目で、楽しくて、クリエイティヴで、天才として純粋だったか知ってほしいの。彼に送ることのできる最大の追悼は、彼の曲をかけることよ。そうして、彼の思い出をずっと抱いていたいの」

ミランでのヴェルサーチのショウの模様はこちらから。

プリンスは今年4月に亡くなっており、後に処方薬のオーヴァードーズのためだったことが発表されている。

彼の死を受けてストリーミング・サービスのタイダルは貴重なアルバムをいくつかあらためて自身のサービスで展開している。プリンスは2015年8月にタイダルに対して楽曲の使用を許可しており、他のサービスと較べてアーティストを支援するものだと考えていた。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ