facebook.com/sigurros

Photo: facebook.com/sigurros

昨日、日本時間6月21日午前6時より何かが起きると発表していたシガー・ロスだが、「Route One」と題したプロジェクトで、アイスランドの国道1号線をめぐる24時間のライヴ・ストリーミングを実施している。

アイスランドの国道1号線は、アイスランドの国土をぐるりと1周するもので、全長1332kmに及ぶこの道路を24時間使って、旅をしながら、プリマヴェーラ・サウンドで披露された新曲“Óveður”の要素を使ったサウンドトラックを公開するという。この模様はアイスランドの国営チャンネルでも放送される。

ヨンシー・ビルギッソンはこのプロジェクトについて次のように語っている。「すべての物事が非常に速く動き、インスタントな喜びに溢れる日々のなかで、まったく反対のことをやりたかったんだ。このスローTVは、僕らの住む世界に対する真逆のものなんだよ。このなかではリアルタイムに、本当にゆっくりと物事が進んでいくんだ」

ライヴ・ストリーミングのページはこちらから。

シガー・ロスは今年行うツアーについてプレス・リリースを発表しており、そのなかで次のように語っていた。「これらの公演はグループに新曲をツアーで試す機会を与えるものになります。こうしたツアーは2002年発表の『( )』の前に行ったツアー以来初めてであり、その時のツアーではアルバムのレコーディング・セッションの前に新曲のパフォーマンスを行いました。公の場での実験が披露されるとの共に、バンドは長い間演奏されてこなかった昔の楽曲を新たな解釈で演奏することを計画しています」

観客撮影の新曲“Óveður”のパフォーマンス映像はこちらから。

シガー・ロスは今年のフジロックフェスティバルに出演し、7月22日のヘッドライナーを務めることが発表されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ