GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは、先日ロンドンのチャリティ・ライヴを訪れた際、インディーズバンドのCDを使ってパパラッチから顔を隠している。

アイルランド出身のクローニンは、6月16日にロンドンのソーホーにある老舗ジャズ・クラブのロニー・スコッツで行われた、ホーピング基金主催のパレスチナ難民の子供への支援金を募るためのチャリティ・イベントに参加している。

その晩、クローニンは、ザ・ポーグスのシェイン・マガウアンを迎えて演奏を行っている他、ジュールズ・ホランド、ヴァン・モリソン、プリテンダーズのクリッシー・ハインドといった面々もこのイベントに参加したという。

会場を訪れていたノエル・ギャラガーは、手に持っていたクローニンのEP『ネルソン・リドル』で顔を隠してパパラッチから逃れるようにライヴ会場を後にしている。

クローニンは、後に自身のツイッターで「最高だよ、ノエル!僕たちのCDが何かの役に立ててうれしいよ」とコメントしている。

最高だよ、ノエル! 僕たちのCDが何かの役に立ててうれしいよ。

クローニンの『ネルソン・リドル』の視聴はこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ