GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーは現地時間6月16日に行った公演でステージから落ちたことが明らかになっている。

ジャスティン・ビーバーはこの日、カナダのサスカトゥーンにあるクレジット・ユニオン・センターでライヴを行ったが、そこで事件は起きている。

撮影されたビデオによれば、ジャスティン・ビーバーはステージを歩いていたところ、おもむろんい落下しており、ステージを落ちた巨大な音も聴くことができる。

観客の撮影した映像はこちらから。

https://twitter.com/bieberinmypants/status/743681655248818176

https://twitter.com/TheShadyFacts/status/743713535348215809

この件についてジャスティン・ビーバーは後日、次のようにツイートしている。「俺は猫なんだ。9つの命を持っているんだ(※そう簡単には死なないよ)。笑」

ジャスティン・ビーバーは先週、ライヴ会場の外で銃殺された「ザ・ヴォイス」の出演者のクリスティーナ・グリミーに追悼の意を表明している。

ジャスティン・ビーバーの最新作『パーパス』はカナダのポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされたことも明らかになっている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ