PRESS

Photo: PRESS

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのメンバーであるフリーとジョシュ・クリングホッファーが、マット・ピンフィールドのポッドキャストで、ジョン・フルシアンテの脱退について語っている。

フリーは、当時を次のように振り返っている。「『ステイディアム・アーケイディアム』のツアーの後、バンドはつらい局面に陥っていたんだ。ジョンが結局バンドを去ることになって、大変な時期だったんだよ。俺は、そこから離れて別の方法で音楽に取り組む必要性を感じて、1年間、南カリフォルニア大学に通って音楽を理論的に勉強することにしたんだ」

ジョシュ・クリングホッファーは次のように語っている。「僕にとって最も奇妙だったことは、ジョン・フルシアンテやヒレル・スロヴァクなどが務めてきたバンドのギタリストの座に自分が就いたことだよ。それだけじゃなくて、このバンドには、歴代の素晴らしいプレイヤーやソングライターたちが名を連ねている。そのリストに僕が加えられたってことは、自分がやるべきこと、応えるべきこと、もたらすべきものがたくさんあるってことだからね。僕は、自分が加わる前から存在していた音楽に敬意を表すこと、以前から行われてきたことを繰り返さないようにすること、そしてやることすべてに独自のクリエイティヴィティをもたらすこと、これらの間で、いつもバランスを見つけようとしているんだ」

先日、フリーは事故によるケガの後、どうやってベースの弾き方を学び直さなければならなかったかを明かしている。

米『ローリング・ストーン』誌に対してフリーは、スノーボードでの腕の骨折がアルバムのレコーディングにどんな影響を与えたかについて語っている。

「俺たちは山を滑り降りてたんだけど、まさに転んだ時は時速80キロくらいだったんだ」と、フリーはフロントマンのアンソニー・キーディスと一緒に行ったモンタナへの旅行について語っている。

「バンッて感じでさ。すぐに腕が腫れてきてね。俺は五回骨折したことがあるんだけど、大きな骨が折れちゃってたんだよ」

神経にも損傷を受けたフリーは、大規模な手術を受け、6ヶ月に及ぶリハビリも行っている。しかし、「楽器での動きをもう一度取り戻すのに奮闘した」後、彼はベースを学び直さなければならなかったという。

「一音弾くと、すごい痛みが腕を走るんだ」とフリーは思い返している。「単純なものを弾こうとしても、腕が言うことを聞いてくれないんだよね。みんなをがっかりさせてしまった感じだったよね。アルバムに取り組めないわけだからさ」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ