LINDSEY BYRNES/PRESS

Photo: LINDSEY BYRNES/PRESS

マストドン、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、アット・ザ・ドライヴ-インのメンバーによって結成されたスーパー・グループ、ゴーン・イズ・ゴーンが、来たるEPに収録される新曲を公開している。

“Stolen From Me”と題された楽曲は「Beats 1」のジェニー・ベスの番組で初公開された。“Stolen From Me”は、“Violescent”、“Starlight”に続く、ゴーン・イズ・ゴーンにとっての3番目の楽曲となっている。

ゴーン・イズ・ゴーンは、マストドンのシンガー&ベーシストであるトロイ・サンダース、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのギタリストであるトロイ・ヴァン・リューウェン、アット・ザ・ドライブ-インのドラマーであるトニー・ハジャー 、そしてマルチ・インストゥルメンタリストのマイク・ザリンによって構成されている。

“Stolen From Me”の音源はこちらから。

トニー・ハジャーとマイク・ザリンはここ7年、様々なプロジェクトを一緒に行っており、二人はいくつかの映画のトレイラーのスコアを担当したほか、2013年発売のビデオ・ゲーム『トム・クランシーのスプリンター・セル:ブラックリスト』のスコアも担当したという。

5月に「Beats 1」のサヴェージズのジェニー・ベスの番組に出演したトロイ・ヴァン・リューウェンは、バンドの審美的思想について語っている。「俺たちはロック・バンドというよりもなにか映画的なものをやろうとしてるんだよね」

セルフ・タイトルのEPはライズ・レコーズより7月8日にリリースされる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ