GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストーン・ローゼズは、週半ばの中間発表で新曲“Beautiful Thing”がUKシングル・チャートの3位につけており、22年ぶりにトップ5入りを果たす見込みとなっている。

バンドにとっての最高順位は、1994年に“Love Spreads”で記録した2位で、この時1位はベイビーDの“Let Me Be Your Fantasy”に阻まれている。他のトップ10ヒットとしては“Elephant Stone”と“Fools Gold”があり、共に8位を記録している。“All For One”は17位だった。

ドレイクの“One Dance”は9週連続1位を獲得しているが、それも終わりを迎える見込みで、オーストラリア出身のトリオ、クッキン・オン・スリー・バーナーズが2009年にリリースした“This Girl”の、フランス人プロデューサーのKungによるリミックスが1位を獲得する見込みとなっている。UKチャートは現地時間の金曜日に確定する。

“This Girl”のKungによるリミックスはこちらから。

トップ40での今週の初登場としてはデヴィッド・ゲッタによるユーロ2016のテーマ曲“This One’s For You”のほか、デュア・リーパ、ビヨンセ、トム・オデール、ジョナス・ブルーが初登場でランクインしている。

アルバム・チャートではトム・オデールのセカンド・アルバム『ロング・クラウド』がわずか218枚差で、2005年の『ポートレート』以来となるリック・アストリーのアルバム『50』を上回っている。『50』は、1位を獲得したリック・アストリーの1987年のデビュー作『ホエネヴァー・ユー・ニード・サムバディ』以来の好順位となっている。

ポール・マッカートニーのベスト・アルバム『ピュア・マッカートニー』が3位にランクインしており、ライヴァル・サンズの新作が5位につけている。トップ40での今週の初登場としては、ビヴァリー・ナイト、ガービッジ、ギルバート・オサリヴァン、カレオ、ザ・ビーチ・ボーイズ、モーターヘッド、ニック・ジョナス、バンド・オブ・ホーセズ、フィル・コリンズ、ヴァン・モリソン、オーガスティンズ、スプリング・キングのアルバムがランクインしている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ